作曲日記 日々とノイズと

シューゲイザー、オルタナ、メタルが好きな一個人の日々とか音楽とか

ホーム > カテゴリー - 作曲日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マフマフ…

どうも、今日は朝から曲作り。
昼間は寝てさっき起きてまた曲作り。

うん、全然出来ない。
メロディも思いつく、コードもOK、歌詞も大体OK。
またサウンドが出来ない病です。

自分、ついこの間1988 BIG MUFFを購入してきまして、それが使えればなーと思って踏んで思いついたの一曲、二曲弾ききったんですが、

…踏みっぱなしで良いんじゃないか?これ。
みたいな意識になってしまうわけです。音が良すぎて。弾いてて気持ちよすぎて。
でも、そういうわけにもいかないだろうなぁと思いつつ、あれこれクリーンにしてみたり、オーバードライブかけてみたりしてるわけですが、どうもBIG MUFFサウンド以上のものが得られない。

まぁ、ギター一本だけしか入れてないわけですが、これにギターやドラム、ベースを足していけばまともになるのかな?
とか思いながらも、やはり片方のチャンネルから常に同じような音というのは飽きがくるんじゃないかとね。
んー、ロシアンマフと踏み分けてみるかなー。
でも、サウンド的に今回ロシアンの出番無いんだよなー。

といいながら、迷っている最中であります。
ブログを書いているのはちょっとした小休止。
サウンド探しすぎて耳が痛い。

今日の夜に、一度マフだけでやってみたのを上げられれば良いんだけどなぁ。
それまでにヤル気が落ちてなければ。
夏休みに入ってからはずっとこんなんだなぁ。

聞き手が飽きないように、っていうのも大事だけど、とりあえず自分の好き勝手にやってみなきゃいけないのかもなー。
スポンサーサイト
[ 2009/09/05 17:53 ] 作曲日記 | TB(0) | CM(0)

近況報告

月曜の再試の勉強をしながらレコーディングをしている自分の近況報告をば。

やはり、いつもどおり完成間際で没るのが多いです。
もうかれこれ今月5曲ぐらい没ってマス…。というかここ1週間で5曲。
いずれ使えるのかもしれないけれど。

何が気に入らないか。
と問われれば、悩みながら「どうもしっくりこない」と回答せざるをえないんですけど。
まだ主軸のメロディとなる歌を入れていないから、完成像が掴めないっていうのもありますね。

基本的に、曲としての歌詞やメロディは完成した演奏に合わせて歌いたいように歌って、それがそのまま歌詞やメロディになっていることが多いのですが…。
今、夏休み。
弟も夏休み。
常に弟が家にいるわけで。
というかずっとPCの前にかじりついて東方やってるわけで。受験生。
いつもPC使うチャンスを窺っているもんですから、落ち着けない。ロクに席をはずせない。
そして近くでPSPのギャルゲをやりながら騒ぐ。マイクから雑音はいりまくり。

まぁ、来週には、弟は塾の夏合宿…。
歌入れできるように何局も準備しておこう…。

ミクの打ち込みは今回時間かけてやってみたいと。
8/31のミク誕生祭には間に合わせたいな。うん。
ミクの誕生日とは全く関係ない曲になっちゃうけど。
[ 2009/08/14 21:48 ] 作曲日記 | TB(0) | CM(0)

Super Looper (demo)

今日は完成が見えてきそうな曲。
オルタナ・パンクっぽく。

思いついたのをそのまま形にしたので、凄くシンプルになってます。
ノイズもエフェクターを使ったのは無いです。
アンプ直結でやってます。


[VOON] Super Looper (demo)
Super Looper (demo)
歌詞はまだ入れてません、夜なので。




…初めて2分前後の曲が作れた…。
今まで5分くらいのしか作れなかったしな。
[ 2009/07/12 23:08 ] 作曲日記 | TB(0) | CM(2)

やりたいこととできることと、やるべきこととやりたいこと

なにやっても技術不足が目立つ。
ギターは良い音鳴らせないし、できることが少ないから頭の中の旋律をアウトプットできないし。
また、アウトプットできたとしても既に輝きを失っている。
そんなことを繰り返し繰り返し考えながら、やりながら日々が過ぎていきます。

没曲にも満たないものも…多々…。
大体、1つの没曲には9曲の没曲以下があります。
ちょっとフォルダを漁ってみたら曲を作り始めてから1ヶ月半でその数62。
ウッヒョー。すっげー無駄にしてる。
でも聴いてても面白くない。

「やってみたいこと」に挑戦した形跡もあった。
テクノとか、エレクトロニカとか。歌謡曲っぽいのとか。
でもイマイチ…というか、聞くに堪えない…。
多分、イメージって物が確立できてなかった頃のやつってのもあるんだろうけれど。
ただ、「できること」では無いんだろうなぁ~…。とそういうのだけは理解できた気がする。
自分の一番好きなシューゲイザーもやりたいけれど、全くできず。
ノイズも最近は思いつかない。
…あれ?できること……。

身を削るような感じで、最後には何も残らなくなっちゃったんじゃないかって感覚。
気分転換とかするべきなんだとは思うけれど、ギター握ってれば良いアイデアが浮かぶ気がして、PCの前でギターを弾き続ける日々。
ギターに触れないときはずっとアイデアばかり考えてる。
寝るときも、通学途中も、授業中も、飯時も。
まぁ、浮かばないんですけれども。
だから今がある感じで。




…むぅ、疲れたな。早速ですが。
強制的にでも自分を音楽から引き離してみようか。
このままだと破滅は近いw
[ 2009/07/01 23:58 ] 作曲日記 | TB(0) | CM(0)

【作曲日記00】自己分析

ちょっとリンク先の36gさんを真似てこんなカテゴリを作ってみた。
真似てというかほぼパクり。
日々量産される没曲といきなり完成する曲。
そんな曲作りを行っている自分に出来るかはわかりませんが、やってみます。

このブログを見ている方々の、いつか役立つ知識(主に反面教師)として役立てれば幸いと思います。



先ず、自己分析ってところからやってみようかと。
曲を作るにしても、芸術作品を作るにしても、果ては勉強、スポーツなんにしてもですけれど自分を内面、客観の両面から分析するってのはかなり重要だと思っています。
(いや、こんなまだ曲もまともに作れない人間が言うってのも失笑ものですが、そこは反面教師ということで。)

他人のまねをして上手くいく…ってことはかなり少ないと思います。
勉強にしろ、スポーツにしろ、同じ鍛錬を同じ時間積んでも能力に開きが生まれますから。
「影での努力だろ」という部分もありますが、それ以上に自分のペースというものもあると自分は思います。
現に、自分は中学時代に塾通ってるだけで家庭や学校で勉強は一切しない人間でしたが、理数科目は塾の同じクラスで頑張ってる人以上に出来ましたからね。
そんなんだけではなく
「あいつ、いっつも頑張ってるのになんで成果が現れないんだろうな」
ってのも、単に自分のカタチがつかめていないだけなのではないかと。
自分に合ってないことをするのはそれだけで忍耐力要りますし、楽しくない。何より見合った成果は出てこない。
甘いことかもしれませんが、「楽しい」ってのはそれだけパワーがあります。
楽しいことを長時間やっても努力には思えないでしょう。他人からすれば努力以外の何物でもないですが。だから成果が出てるんです。
これが、自分のカタチってやつかな、と思っていただければ幸い。


さて、自分には音楽センスだけでも多々コンプレックスがあります。
簡単な曲しか作れない。
曲の主体性が見えない。
カッコイイ曲が出来ない。
オシャレな曲が出来ない。
テクニカルな曲が出来ない。
ギター以外のサウンドを入れられない。
…etc.
挙げてりゃきりが無いです。
そしてそんなに自分に鞭打ちたくありません。Sである楽しみよりもMの嫌さの方が勝ってます。

ミクを使ってる人間として、他の人が作ってる音楽を聴くたびに首を吊りたくなります。
これは、自分の道を進みたいと思っていても、どうしてもですね。
それだけコンプレックスは強い。
旋律が綺麗だ…
歌詞が素晴らしい…
シンセやSEの入れ方良いなぁ…
重厚なギターのテクニカルなリフ、かっけぇ…
感動し、その直後に
「それに比べて俺のは音楽でも何でもねぇよ…」
となります。
素直に感動はしています。素直すぎて自己嫌悪に陥ります。
それだけ自分はすぐ萎れます。
根はしぶといので何度でもよみがえってはまた萎れるわけですが。

真似は何度もしようとしました。
コピーも何度も試みました。
ですがダメでした。全然。
そこに自分が居ないと納得できないというか。
コピーも真似も、表現したいものに当てはまらないからそこまで魅力を感じない。
(…かなりケンカ売ってる態度ってのは理解できてます、スミマセン)
曲自体は大好きなんですけれどね、それは別の話で。

どうも、上記のコンプレックスは成せないからコンプレックスになってるんだろうなぁと最近は思い始めています。
コンプレックスって、そういうものでしょう?
自分の道!っていって歩むならば、こういうコンプレックスに目を向けることは大事でも、とらわれちゃいけないんじゃないかなと思うわけです。


あと、なんで自分は単純な曲しかできないのか。
それは自分のスタイルにあるかと思います。
いや、外見がストレートにデブだからとかそういうんじゃなくて。
基本的に、自分の曲作りって感情から成るものが多いんですけれども。
その感情を如何に表すかっていうのは、未熟な自分は現にその感情を持っているときにストレートな曲を作るしか手段を持たないわけで。
そして自分はコードくらいでしか弾けない。
これが重なって単純で単調な曲になってしまうのだと。
そして感情は持続しません。
時間を置いて編曲すると意味合いが変わってきます。
そういうのも、あるんだろうなぁ。

感情じゃなく、物を対象にしたら?
とも考えましたが、物を対象にしても結局はそこから受ける感動なわけで。
美しい風景でも見る角度や時間によって感動は変わってきます。
…一丁、写真でも眺めながら曲作るか?
あ、ミク曲でよく見かける
「この絵を見て、どうしても作りたくなった」
というのは非常にスマートな作り方だと思うんです。これら踏まえると。


ちょwwwwwwwなげぇwwwwwwwww
申し訳ないです。
書きたいことなんて山ほどあったんです。
表現が回りくどすぎてこうなってしまいました。
ちょっと、ここいらで、きりますか。

尚、今後は曲作り関係はこちらに移行するかと。
[ 2009/06/30 00:41 ] 作曲日記 | TB(0) | CM(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。